広告

ご質問、お問い合わせはこちらまで sensuikan1@livedoor.com


無料カウンター >
サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弁護士潜水艦のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司法試験について
私が、司法試験を目指し始めたとき、

この業界はレベルが低い、受験者レベルが低いと感じたことを思い出した。

というのも、全くの初学者の私が、ろくすっぽ勉強もしないで、模試などを受験すると

それなりに良い成績が取れてしまったから。

で、私は、その理由を考え、出た結論は、

この試験は、文系の人ばかりが受験しているから、というものだった。


私の認識だと、高校の時とかも、本当に頭がよくて勉強ができる人の多くは、理系に流れていた。

文系の人って、国語が得意程度の人で、しかも、数学系が若干苦手っていう人ばかりだった。

もともと国語なんて、一定のレベルにあれば、

勉強するべきものではないし、試験でその能力を図るようなものではない。

勉強らしい勉強って、実は理系科目くらいで、理系科目ができない人は、勉強もできないし、頭もそれほど良くないといっても良いくらいだし。


で、どうして理系の人が参入しないのか、と考えると、

司法試験は異常に難しいとの「噂」が世の中を支配しているからとしか思えなかった。

「司法試験は実はたいしたことない」って噂があれば、もっと理系出身者が増えていたかもしれない。



今の制度は、「司法試験はたいして難しくない」って噂があるから、

理系出身者でも、遠慮なく参入することができているかもしれない。

仮にそうであるならば、本当に優秀な人が法曹になれる制度と言えるのかもしれない。

でも、結局、就職難や収入激減などで、おいしくない職業との噂が広まり、

やはり理系の優秀な人間は参入することもなく、レベル低下が進むだけなのかもしれない。






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

できるだけ若い時期に勉強をたくさんして、早く法曹になるのが一番です。

大変でしょうが、頑張ってくださいね。
【2011/11/17 22:28】 URL | 潜水艦 #- [ 編集]


受験者のレベル如何はわかりかねますが、先生の勉強が非常に合理的だったことが成績に反映したのではないかと思います。
"おすすめ本"に書かれているとおり完択と短答過去問で勉強し出しましたが、知識のインプット効率いままでと比べものになりません。

自分の周りでもほぼすべての人が「法律の勉強=とにかく基本書や予備校本を何度も回す」という考えに縛られているので、必要な情報を過去問演習から仕入れて身につける、ある意味至極当然なアプローチに辿り着ける人が少ないのではないでしょうか。
【2011/11/01 03:01】 URL | joy #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yassiyassi2000.blog17.fc2.com/tb.php/400-1bf352dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。