FC2ブログ
広告

ご質問、お問い合わせはこちらまで sensuikan1@livedoor.com


無料カウンター >
サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弁護士潜水艦のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暇ゆえに妄想する。
憲法1問目。
やっぱりこれは21条1項の構成が王道だと思う。
22条とかでもいいかもしれないけれど、放送事業者の営業=放送だから。やっぱ21条でしょ。
あと損失補償について書くことは加点事由じゃないかな?
もしかしたら書くことも一応求められてるかもしれない。
けど、損失補償はあくまで2番手で21条に対する合憲性がメインであって、損失補償を書いたことよりも21条についてしっかりあてはめをして結論を導くことの方が重要だと思う。
あと主席が31条について書いてるけど、これはなんとなく違和感がある。
なんていうか、よく知らないんだけど告知と聴聞については別に条文を設けるのが普通なんじゃないかな?
宅建業法とかでも、免許取り消し事由の規定と手続きの規定は別に設けられてるし。
なんか31条まで考慮するのは考えすぎな感じがする。
まあ、よくわからないんだけども。

憲法2は典型問題だから差がどこでつくかわからない。
みんな同じようなことを書く。
結局反対意見をうまく考慮してるかってとこで差がつくんだと思う。
そこくらいしか個人差がでないと思うから。
僕の答案は一方的であって、多分評価は低いと思う。
なんでこんなに当たり前のことが書けなかったのか?
マジ腹立つ。
本試験は恐い。

民法1は、動産取引について基本を理解してるかっていう問題だと思う。
公示が不完全だから取引の安全を保護すべき。
みんなこのことはよく知っている。
でも、公示が不完全ってことは真の権利者保護の要請も高いってことを忘れちゃったりしている。
そして法の態度としては動産については取り消しの遡及効(原則)と192条によって対処している。
あくまでコレが原則。
復帰的物権変動なんて不動産の価値が異様に高いことと登記制度っていう安定的公示が存在することから、考え出された例外にすぎないんでしょ。
詐欺に引っ張られて、危うい答案が多いと思う。
まあ、僕の答案は度を越してヤバイような感じがするけど。
ネットでは雑感が良いと個人的には思う。

民法2はなんなんだろう?
何が聞きたいんだろう?
B,Cは夫婦。Aは無権利者からの賃借人。しかも店舗を営んでおり退去させられるのは不利益が非常に大きい。
Cにはキセキ事由がある。
小問1は、普通に書けばいいのかな?
小問2は?
転借の場合、履行不能は明け渡し請求時。
他人物売買の場合は?
第三者に売却したとき?
社会通念上履行不能。転借よりかな?
んーでもこんなところが出題趣旨とは思えん。
この問題、保留。

商法1はなんだ?
わからんなー。責任を負うものには権限あり。
いや権限が認められる以上責任を負う?
ていうか、会社法の原則について簡単に問うた問題なのかな。
商法2は全くわからん。
主観的事情の適用範囲?
むずい。まぢで。

もう疲れた。
珪素1問目。
これは結構差がつく問題だと思う。
文章力の勝負。
結構ふらふらグタグタになったからヤバイ気がする。
でも一応問題になりそうなところは触れたから点をおくれよ試験委員様。
珪素2は、典型。
伝聞はしっかり理解してれば本当に簡単だと思う。
もう来年は伝聞は出ないと思うけど。

落ちてたらもう一回書こう。
全部。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yassiyassi2000.blog17.fc2.com/tb.php/330-6335f8d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。