広告

ご質問、お問い合わせはこちらまで sensuikan1@livedoor.com


無料カウンター >
サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弁護士潜水艦のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新司法試験と法科大学院について
先日、新司法試験の短答式試験の合格発表があったみたいです。

その結果によると、

予備試験合格組の人は、実質的な合格率は100パーセントだったとか。

予備試験は、法科大学院卒業と同程度の能力とのことだったはずであるが

短答式試験の合格率に格段の開きがあるのはなぜなのでしょうか???


結局、法科大学院というものは、ただの参入規制でしかなく、

大学を守り、一部の優遇された人たちをできるだけ簡単に法曹にならせるための制度でしかないということなのでしょう。


不平等で、不公正な資格試験で楽して合格したような人たちが

平等や正義とか、真剣に理解していくことってできるんでしょうか?


新司法試験で合格した人たちにもしっかりと考えてもらいたい。

今の試験制度が公平で正しいものであると言えますか?

おかしいものであると思うなら、このような新司法試験で合格した人たちの中から

制度を変革するべきであるとの意見が湧き上がってほしいと思います。


逆に、このような声が湧き上がってこないのならば、

新司法試験で法曹になった人たちは、平等とか正義とかを語る法曹として適格に欠けていると

言わざるを得ないと思います。









スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。